カンボジア外国人研修生の国民性や、日本との関係とは - 外国人研修生ならカンボジアが旬!

カンボジア外国人研修生の国民性や、日本との関係とは

近年、多くの外国人研修生が日本に訪れる中、カンボジアの外国人研修生は「日本人と良くあう気質をもっている」といわれています。カンボジア人は一般的に「温厚でシャイ」な人が多い。

いろいろなカンボジアの外国人研修生関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

また協調性も高く、友人や家族と一緒にいるときをとても大切にします。このような温和な性格は日本人とよく合う気質といえます。

このような性格の原点には仏教があります。
国民の9割以上が仏教徒で、礼儀作法をとても重んじる国民性をもっています。



年長者や社会的位の高い人などに礼儀正しい挨拶をかかさないといった細やかな配慮ができます。


また「交渉ごとが苦手」「人の顔色をうかがうことが多い」という気質もありますが、この点も日本人と似ているといえます。



カンボジアの常用語はクメール語です。
フランスの統治下であった影響でフランス語に通じている人も多い。


そして若い人の中で最も使われている外国語は「英語」で、日本と比べ英語が話せる人が多いといわれています。
そのため英語がある程度話せれば、クメール語がわからなくともカンボジアの外国人研修生と一定のコミュニケーションをとることは難しくありません。
カンボジア人は親日家が多いことで知られています。

フランスの統治下から独立できたことを、旧日本軍のお陰だと考えている人が多いためです。また日本からの多額のODAなどにより橋・道路の建設が行われていることもあり、そのような経済面での援助も日本が親しまれている理由の一つになっています。