カンボジア外国人研修生で補う人材不足

近年日本では少子化が進んでおり、若い人口が減少傾向にあります。
そのため、企業にとっては若い人材を確保する事が難しい時代へと突入しています。
日本だけで人材を探すだけではなく、海外の若い労働力の確保に力を入れる企業が増加した結果、特に東南アジアの人材が高い注目を集める様になりました。特にカンボジア人は日本に対して前向きにとらえている人が多く、親日家が多い国と言われています。カンボジアの人材を外国人研修生として採用する事で、若くて働く意思の高い人材を確保でき、かつ賃金も低く抑える事が出来る特徴があります。外国人研修生は、現地で簡単な日本語を勉強しているケースもあるため、社内に必ずしも英語やカンボジア現地の言葉が話せる人が在籍している必要はありません。

カンボジアの外国人研修生情報はこのサイトにおまかせ下さい。

しかし、海外からの研修生を受け入れる体制は純分に整え、日本人社員と共に一緒に快適に働ける環境作りが必要となるでしょう。


そして、外国人研修生の多くは初めて日本を訪れる人が多く、住まいの準備をしておく事も重要です。

会社で寮を準備しておく方法から、提携先の不動産業者を決めておく等、カンボジア人がすぐにでも日本で生活出来る様な体制を整えましょう。



勤務先から近い方が、通勤の面でも便利であり、かつ同じマンションや寮での生活で、コミュニケーションも取りやすい環境となるでしょう。この様に、カンボジア人を外国人研修生として受け入れる事で、社内に大きなメリットをもたらしてくれる事でしょう。