外国人技能実習生の受け入れ先の懸念材料 - 外国人研修生ならカンボジアが旬!

外国人技能実習生の受け入れ先の懸念材料

日本の外国人技能実習生制度は日本国内の「進んだ技術」を数年間途上国の実習生に学んでもらい、それを自国に持って帰ってもらって発展に役立ってもらうというもので外国人労働者を受け入れるための制度ではありません。

外国人技能実習生に関するご質問を解決いたします。

そのため実習生であるからと受け入れ先と外国人技能実習生側とで契約された内容が違うトラブルが発生しています。


労働者ではないという理由で企業が安価な労働力を確保して搾取、強制労働などの人権侵害の温床になっており、具体的には契約の掲示された給料の金額よりも実際払われる給料が不当に低いところや、時給が500円以下で長時間労働を行うことや賃金の未払いや突然の強制帰国、さらには外国人技能実習生が職場で日本人の職員から殴られたり、蹴られたりの暴力を受けるといった被害が挙げられます。



悪質なところでは計画的に倒産して「倒産した」からと給料の未払いを踏み倒して別名でまた開業する、国の「未払い賃金立替制度」を悪用した企業があるほどになっています。

法務省としては技能実習生からの訴えに相談対応し、不正行為で受け入れ企業を指導したり改善しないなら受け入れ停止といった動きがあります。



しかし国内に200万人以上いるとされる外国人技能実習生のうち、法務省の訴えられた不正行為の企業以上に泣き寝入りをしている実習生が潜在的に多く存在しているとされており、企業の業種も製造業、農業、水産業、建設業など多様であるため制度の改革の必要性が求められます。