外国人技能実習生の継続

外国人技能実習生制度は、主に発展途上国から日本に来てもらって働きながら賃金をもらいその上で労働を通じた技能実習による習得を目的にしているものです。

賃金はその地域における最低賃金以上の支給となります。
この制度では同じ人が継続して働けるのは最大5年までと決められているため、それ以上の就労などは出来ません。
帰国するようになりますのでそれまでにしっかりと技能習得を目指すことが必要になります。

外国人技能実習生情報が満載です。

5年という縛りは賛否両論があり受け入れる側の企業側にとっても負担になるという意見があります。



5年経つとそれまでいた外国人技能実習生がいなくなりますので、改めて受け入れるかあるいは日本人などの雇用で対応をするのかという判断が必要になるわけです。
いったん帰国してからもう一度ということも原則として認めていません。したがって新しい人材を受け入れるしか方法がないわけです。

外国人技能実習生を改めて受け入れるかあるいは雇用の拡大を図るのかという選択になるのが現行法令です。
こうしたこととその後の不法就労滞在が問題になります。

外国人が日本で就労をそのまま続けたいと思ってもこの制度の利用者ではそれはかないませんので、帰国するしか方法がないわけです。
ただ日本では急速に少子化及び高齢化が進んでいます。


現場での人手不足が深刻になりつつあるためその問題解決をこの制度に求めることで労働人口の維持を図りたいと考える人もいます。



5年からの延長や他の制度の利用などで労働者不足解消解消に繋げていくことを考えていると言えます。